20070809

Reflejos y Neon (II)


Va la versión japonesa de un texto que ya había subido.... La versión original aqui...

倒影とネオン

倒影に陥る僕だ。探して来た国は金閣寺の火事で燃えており、詩の蛍に照らされる国はゲームセンターのライトとネオンサインのキラキラの光によって食い殺された。ときどきそのサインの禍々しさの下を流離て、またはゲームセンターに引き蘢って自分がコインを落とす人の疎まれた顔面を見てきている。グラスの後ろにいるロボトの嬉しいチューンなのに欺瞞と騙しばっかり見える。闇での編んだ沈黙も。誰でも他人を見ない。縫い包みを取るプライズゲームのクレーンを見ている。シプシーたちの手遊びのように、安いサーカスの賭け事のように、このゲームは詭謀だ。それで亡失している奴たちの賭け金を取り集める罠では遊んでいる自分を眺めている。いらしゃいませ。

Etiquetas:

3 Comentarios:

Blogger Kui dijo...

Reflejos y Neon. pantalla como escaparate. la ciudad completa lo es. eso me ha parecido. eso es lo que ud. evoca con esta transcripción de una faceta de Niponia Trash Light City.
Besos hasta allá.

1:37 p. m.  
Anonymous Netza! dijo...

本当に中華宮みたいなぁ…

3:11 p. m.  
Blogger atelopus dijo...

sweet green

11:40 a. m.  

Publicar un comentario

Suscribirse a Comentarios de la entrada [Atom]

<< Página Principal


Visitor Map
Crea tu mapa!